タグ:キャンプレポート ( 30 ) タグの人気記事

猪苗代は冬だったハナシ(猪苗代湖モビレージ)

c0193749_21205454.jpg


またまた、ご無沙汰でございます。冬休み以来のキャンプ。

とにかく、日々、子供の用事で忙しいこと・・。

今回のキャンプの目標は「とにかくゆっくりすること」。

滞在したのは猪苗代湖モビレージ
いままで冬にしか訪れたことがなかったので、ハイシーズンの混雑ぶりにびっくり。
相変わらずのトノサマ商売ぶりに苦笑。お風呂もシャワーも、もう使わせていただくことはないかな…。


そしてすごい寒さにびっくり。雪が降った!磐梯山は未だ雪化粧。


c0193749_20233726.jpg


それでも、カヤック少し漕ぎました。今の季節ジェットが多くでていなくて平和。

上の画像は小石ヶ浜。自転車を漕いででかけました。

すばらしく美しかった。キャンパーは3組。こちらにすればよかったな~。

犬の写真すら撮っていない・・。

また、そのうちupします(できるだけ)
[PR]
by kinkankankitu | 2013-05-07 20:26 | キャンプレポート | Comments(0)

2012夏キャンプ(レイクランド裏磐梯ヒバラ)

残暑お見舞い申し上げます。
今年の暑さは異様!元気なのはセミくらいなんじゃないかな。
c0193749_16315533.jpg

夕暮れ近づく桧原湖。
久しぶりのキャンプはお気にいりのレイクランド裏磐梯ヒバラに3泊4日。
湖の見えるT10サイトを予約時にお願いしました。
サイト区画図は過去記事をご参照ください。
c0193749_16364664.jpg

湖側からサイトを見たところ、向かって右側が登山道の入り口で、炊事場等からは離れていますが静かでいい感じ。


c0193749_16385590.jpg

おとうとくんはずっと釣りをしていました。

c0193749_1641258.jpgc0193749_16412256.jpg

暑い茨城南部から抜け出して、犬たちは元気・元気。
朝の散歩時にクマと遭遇!?のハプニングあり。
クマ除けに犬は全然あてにならないことが判明したので、早朝山散歩にはクマ鈴を持って行こう。

c0193749_16482281.jpgカヤックはボイジャーと一人艇×2で出動、恒例のいかり潟の吊り橋まで。
朝の静かな時間にパドリング。
ルートは過去記事をご参照ください。

c0193749_1792652.jpgc0193749_1795662.jpg

いかり潟からの帰りは姉弟でボイジャー漕艇(画像右)、ボイジャーの本気漕ぎには誰も追いつけない・・。

今回は歩行5時間の磐梯山登山あり、ラビスパ裏磐梯へのお出掛けありの盛りだくさんキャンプ。
そして夜は恒例の大(?)ウノ大会、おとうとくんのくやし泣き1回。

子供たちも成長しそれぞれの予定も多く、なかなかキャンプへも出られなくなってきました。次はいつかな~。
[PR]
by kinkankankitu | 2012-08-26 16:52 | キャンプレポート | Comments(4)

2012年のはじめに(那須高原アカルパ)

2012年、明けましておめでとうございます。
今年は天変地異のない穏やかな年になることを切に願います。

今回の年越しも30日から3泊、那須高原アカルパにお世話になりました。
場内の詳しい様子は一昨年の記事をどうぞご参照ください。

年末~お正月のアカルパは混んでもいない、さみしすぎもしないちょうど良い感じの稼働率。
午前中、ちょっと観光やお買い物に出掛けて、
午後はキャンプ場で、焚火・読書・昼寝・知り合ったばかりのお友達とソリ遊び等、銘々がマイペースにのんびり。
夜は大(?)ウノ大会、おとうとくんのくやし泣き2回。
気温は低いけれど、大雪も降らず大風も吹かず穏やかな年越しとなりました。

c0193749_13342317.jpg

森のドッグランに喜ぶ犬たち。今年でさくらは6歳、ももは5歳になります。
ずいぶん落ち着いてきました。気持ちが通じ合う年頃になり犬とのくらしが味わい深くなることでしょう。

さて明日から仕事はじめ。
昨年秋から所属部署が今までの「お役所的」な所から「現場的」な所に変わり、忙しい毎日です。
まだまだ現役でがんばれることに喜び、活気溢れる職場からエネルギーをもらっています。

平凡だけれど、健康に恵まれ平和に毎日を送れることに感謝して、
皆さまにとって幸多き2012年となりますことをお祈り申し上げます。
[PR]
by kinkankankitu | 2012-01-03 13:54 | キャンプレポート | Comments(4)

小野川湖畔の家キャンプ場

c0193749_19414186.jpg

小野川湖では小野川湖畔の家キャンプ場にお世話になりました。
サイトの目の前が砂浜。フリーサイトで、気にせず広々と使ってくださいと管理人さん。
この管理人さんが、とにかく親切でマメな方。
朝6時前から管理棟を開けて、夕方に閉める時は各お客さんに「閉めますよ」と言って回っていた。
c0193749_19482292.jpg

キャンプ場の入り口。土日にはデイキャンプや釣り客で賑やかだった。泊まりは意外と少ない。
管理棟の右側が電源が取れるエリアで少し傾斜地。
左側の一段下がった所に平な芝生ゾーンがあってテントの方はそちらが多い様子。

c0193749_19523754.jpgサイトからすぐに艇をだせて楽だったし、
前の浜は遠浅なので子供たちが遊ぶのも安心して見ていられる。
小さな魚がたくさん泳いでいた。
夜にはホタルが飛んで、手の中でそっと光らせてみたり。

設備は古めだけど、きれい。あ、トイレは水洗で、コインシャワーもありました。
以前は隣にある宿泊施設「湖畔の家」でお風呂を使えたらしいけれど、今は閉鎖のため、シャワーのみ。

裏磐梯の日帰り入浴施設はいろいろありますが、キャンプ場で割引券をもらった
裏磐梯高原ホテル、今回初めての利用。割引券で半額になる上にきれいだし、お湯も良かったです。
五色沼のすぐ近くでホテルが素敵だったので、秋にはおばあちゃんを連れてホテル泊をしようと盛り上がる。

国道459側の小野川湖、「庄助キャンプ場」の辺りは割と賑やかな様子だけれど、「湖畔の家」までくるとぐっと静かです。
キャンプ場は最高のロケーションで整いすぎていないのも良い感じ。
気になると言えば、右隣にある墓地かな~。
きれいに整備されているから私は全然構わなかったけど、子供は夜はやっぱり近づきたくない様子だったので・・。

いやいや、お墓は目じゃないくらいに魅力がありますよ。小野川湖と湖畔の家キャンプ場。
また来ようっと。5月の連休でも良いかもね。


小野川湖ではぜひパドリングを。カヤックの記事もどうぞ。
「犬と歩く裏磐梯」はこちらです。
[PR]
by kinkankankitu | 2011-08-15 20:23 | Comments(4)

小石ヶ浜キャンプ場

c0193749_20385160.jpg

子供たちが不在の週末。今年の夏はどこに行こう。
只見川流域の山の湖で漕ぎたいなーと、せっせとリサーチしていたけど、7月末の豪雨で新潟・福島県境はただならぬ様相。
羽鳥湖に行こうかと問い合わせるも、まだ震災後の復旧が終わらないと・・(お盆あたりから再開らしいです)。

それじゃあ、猪苗代湖でも行こうか。家族での裏磐梯を控えているけど、他に適当な地も思いつかないし、
一度、漕いでみたかったんだ、猪苗代湖。

で、キャンプ場はどこにしようかと、やっぱりモビレージかなあ、でも、夏のモビレージはどうなんだろう?
ジェットスキー持ち込めるみたいだし、賑やかそうだ。結局、キャンプ場の予約をしないまま金曜夜に自宅を出発。

中型無料を利用しようと、一般レーンで高速道路へ。常磐道のサービスエリアはどこもトラックでいっぱいだ。
ようやく磐越道・差塩PAでP泊。午前1時30分。

翌朝、猪苗代到着8時。モビレージは電話が通じない(9時からです)。
すぐに入れそうな小石ヶ浜キャンプ場に行くことにする。

c0193749_20555642.jpg

c0193749_21481057.jpg

キャンプ場入り口は狭いS字カーブでドッキリするが、着いてみると良い所だ~。
砂浜ぐるりがサイトになっている、どこに設営してもカヤックをだせる。すばらしい!!
湖水浴場になっているだけあって、水もきれいだ~。

ただし、・・ウワサ通りの低規格。トイレは汲み取り。炊事場(というか蛇口だけ)は仮設的。
なんでも国立公園内なので恒久的な施設は作れないと管理人さんのお話。まあ、私はぜんぜん気にしないです。
夜は照明というものが一切ないので、自分のサイトから出て戻るまではずっとヘッドライト着用必須。なんか、わくわくする。
もちろん炊事場も、トイレの内も外も漆黒の闇あるのみです。
電源はコードリールで引いてもらって使用できました。
コインシャワー有とwebサイトにはあったけれど見当たらない(ちなみに、コテージも食堂もありません)ので、
食料品買出しの帰りに猪苗代リゾートに回る。入浴の受付で歓待される。震災後の観光業、ご苦労が多いのでしょう。
日帰り入浴の料金はHP記載のものよりずっと低かった。相変わらず広いラウンジが快適。オススメですよ。

c0193749_2155070.jpg

水辺は遠浅の砂地。泳いでいる家族連れがちらほら。
誰も泳いでいない時を見計らって、ももと泳ぐ。
犬用ライフジャケットを持ってこなかったのだけど、平気で泳ぐもも。人が泳ぐと並んできてかわいい。
カヤックで沖へ誘ってみるけど、ずっと沖へは来ないなあ。

犬たちの散歩はキャンプ場のとなりにある会津レクリエーション公園が広くて自然を活かした作りになっていて楽しい。きれいなトイレもあるよ。

小石ヶ浜キャンプ場、設備はアレですが、ジェットスキーも禁止だし静かで最高のロケーション。
また来年の夏に訪れたいです。

で、カヤックの記事はこちら
[PR]
by kinkankankitu | 2011-08-07 21:16 | キャンプレポート | Comments(0)

塩原グリーンビレッジ

c0193749_21151810.jpg

久しぶりのキャンプ。那須塩原グリーンビレッジに行ってきました。一度行ってみたかったのです、ココ。箒川、渓谷沿いの山あいは桜が満開。

c0193749_21184849.jpg場内はコテージあり、温泉あり、テニスコートに釣り堀とお楽しみ満載です。
炊事場もお湯が出るし、コインランドリーにはガス乾燥機も設置された文句なしの高規格キャンプ場。
あと、わが家に必要なのは湖くらい?


c0193749_21213171.jpg指定されたのはA-5サイト。サイト拡張で旧2サイトを1サイトにしたとかで、かなりの広さでした。
これならば、日除けのヘキサタープも余裕で張れそうです。
でも、風が強く吹いて・・ペグダウンの腕が試されそう。


c0193749_21252250.jpg4月29日の午前中はこの通りガラガラでしたが、午後にはずらりとテントやRV車が並びました。
犬連れの方も多い。
利用者が多くても朝夕は静かで良い雰囲気でした。
設備が古めなのは仕方ないとして、若干清潔感に欠ける気がしたのは目をつむることにしましょう。


7年ぶりくらいにテニスを楽しみました。気持ちはボールをとらえているのに、足が追いつかない・・。
場内の温泉もよかったです。露天風呂は無料なので、朝に晩にと心ゆくまでふやけるまで浸かれます。

キャンプ場の横を通っている「塩原渓谷遊歩道」を歩いて滝巡りのハイキングをした記事はこちら
[PR]
by kinkankankitu | 2011-05-03 21:36 | キャンプレポート | Comments(4)

北軽井沢スウィートグラス

c0193749_22234463.jpg

浅間下ろしを受けて、凧揚げに夢中のおとうとくん。

冬休みの後半は、軽井沢へスキー&アウトレット。北軽井沢スウィートグラスを利用しました。

スウィートグラスといえば、メディアへの露出も多くたいへん人気のあるキャンプ場ですが、
その反面、団体客が騒いでいたとか、ブタ臭くてハエが異常に多いとか、人多すぎとか、
良くないウワサも多々あり。

少し心配でしたが、そこはオフシーズン、特に問題なく心穏やかに過ごすことができました。

アクセスも雪道というほどでもなく、スタッドレスさえ履いていれば大丈夫。
万座・草津方面からやって来る自動車には雪がたくさん乗っていましたが、
軽井沢周辺はもともと降雪量、少ないのです。気温は低いけど。

c0193749_22304458.jpgパークサイトの通路側の端。
予約時にオススメされたのです。
少し狭いかな。
テントサイトはわが家と、グループキャンプがひと組。
コテージは結構、混んでいたみたい。


c0193749_2233536.jpg雪に覆われた森がいい感じ。
カラマツの実がたくさん落ちていて拾うのが楽しかった。


c0193749_22361573.jpgこれは「トムソーヤの小屋」とのこと。
他の遊具もかわいかった。
この下に小川が流れていて、
水面にできたツララ取りに夢中になっていたおとうとくんでした。


驚いたのは炊事棟やサニタリー棟、コテージひとつひとつに防寒用のビニールがかけてあったこと。

すごい気遣いだなーと思いました。その辺りが人気の理由なのでしょうか。

他はいたって普通のキャンプ場、その人気の元は謎のままです。

でも、冬の軽井沢周辺で営業しているキャンプ場はありませんので、ありがたいです。

あとはお風呂があると、さらにありがたいのですが~。

おかげで、3夜連続の温泉巡り~の贅沢をしてしまったわけです。

絹糸の湯 キャンプ場から一番近くて一番安い。施設は新しい。黄褐色のにごり湯、熱々、おすすめです。
千ヶ滝温泉 スキーの帰りに立ち寄りました。料金は一番高いけど、施設はピカピカ。湯はぬるめ。以前はスケート場があって、今回も楽しみにしていたのですが、営業終了とのとこでした。ザンネン。
奥軽井沢温泉 嬬恋村方面、ホテルグリーンプラザの中にあります。キャンプ場で割引券もらえます。洞窟風呂がおもしろかった。早めか遅めに行った方が宿泊客と重ならなくていいかも。

スウィートグラス、冬以外の季節に利用することは、きっとないでしょうが、
軽井沢スキーの折には、いいですね。また利用したいです。
お風呂ができているといいなあ~。

ちなみに高規格キャンプ場を利用した際、家族で必ず話題にするのは
「PICA西湖とどっちが好き?」
・・・・いまのところ、「こっちの方が好き~」という答えはでていません。
(でも、PICA西湖が一番というわけではないんですよ。あくまで「高規格で」です)

北軽井沢キャンプは後篇へ続きます~。
[PR]
by kinkankankitu | 2011-01-14 23:00 | キャンプレポート | Comments(0)

年越しキャンプは那須で(那須高原アカルパ)

c0193749_2045389.jpg

c0193749_2053294.jpg

いつもお付き合いいただいている皆さま、ありがとうございます。
2011年のスタート。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

年越しキャンプは今年も那須高原アカルパにお世話になりました。
今年も雪に埋もれちゃうかな~と思ったのですが、それほど埋もれませんでした。
昨年のテントサイトはわが家のみでしたが、今年は4グループも!

4泊したうちの1泊は那須にトレを置いたまま、福島・相馬の牧場へ出向いてそこで1泊。
ポニーと共に冬休みを過ごしている子供たちを迎えに行って、ついでに親も馬に乗って遊んできたわけです。

なので、キャンプ中の写真はほとんどありません・・・。

キャンプ場内の様子は昨年の記事を、どうぞご参照ください。

・・・なんか、テンション低いスタートとなってしまいました。
実は年末から腸炎→咽頭炎と続けざまに風邪を引いた私。
健康ってなによりも大事ね。

みなさま、風邪に気を付けて素敵な新年をスタートさせてくださいませ~。
[PR]
by kinkankankitu | 2011-01-04 20:21 | キャンプレポート | Comments(2)

奥久慈・上小川キャンプ場

奥久慈では上小川キャンプ場にお世話になりました。
トレ牽きで行ける川沿いのキャンプ場。通年営業がありがたいです。
バイクキャンパーが多かった!10組近くみえたみたい。

c0193749_20445356.jpgこちら線路側のメイン入口。
トレ牽きで行くならば、河原側からのアプローチが無難かも(くわしくはHPでご確認
ください)。


c0193749_20465869.jpg
こちら河原側の入り口。向かって左には久慈川が流れています。


c0193749_20475225.jpg
水郡線がキャンプ場の上を通っています。
高架の下もサイトなのですが、うるさくないのかな。


c0193749_2049782.jpg
フリーサイトなので好きなところへどうぞ~と親切な管理人さん。
電源はコテージ横や炊事場からとれますが、混んでいる時期は厳しいかな。

画面奥は堤防で、その向こうは河原。
河原にテントを張っているグループも数組。
この季節にしては利用者多いですね。夏は混むのでしょうねぇ。


c0193749_20522344.jpg
炊事場とBBQ場。古いけれど清潔にされていて気持ち良く使わせていただきました。


c0193749_20533640.jpg
トイレ棟。
コテージなんかもこの「バラック」風な作りがちょっとアレですが、川沿いで静かに過ごせるからまあいいや。


c0193749_20561264.jpg
目の前の久慈川で自主トレ中のパパ。ほどよい瀞場です。
ツーリングも楽しそうだけど、ガイドをしていただける方と一緒が安心だな。
春に久慈川ミニツーリングをした時の記事はこちら


お風呂はありませんので関所の湯へ。5時を過ぎると500円で入れます。
お肌つるつる~。

秋のキャンプ場は空いているし虫もいないしいいですね~。
[PR]
by kinkankankitu | 2010-11-20 07:26 | キャンプレポート | Comments(2)

菖蒲ヶ浜キャンプ場と中禅寺湖パドリング

c0193749_1902110.jpg

男体山のむこうから登る朝日。早朝の千手ヶ浜からのながめです。ここまで漕ぎたいがためにキャンプに来たようなもの。

c0193749_1943224.jpgc0193749_1944812.jpg夜明けと共に起きだして出発しました。
今回はトレーラーなしなので犬たちが車中のバリケンで眠っている涼しい時間限定パドリング。


c0193749_1994579.jpgc0193749_1995988.jpg落葉樹の木立と白い砂浜が噂通りの美しさで、水もきれーい!。
建物は遊覧船の券売所?管理棟?閉まっていたので未確認です。

菖蒲ヶ浜から30分ほど漕いでつきましたが、中禅寺湖は波が立っていることが多いようなので、
状況次第では1時間ほどかかるかもしれませんね。湖沿いの登山道や遊覧船でも行けますよー。
以前はキャンプ場があったそうなのですが今は閉鎖になってます。残念だねぇ。

さてさて、キャンプ場は「菖蒲ヶ浜キャンプ場」を利用しました
岬全体がキャンプ場になっている感じで、湖畔ぐるりはテントサイト、内側の森の中がバンガローと管理棟などが配置されているというところ。。
c0193749_19192865.jpg

駐車場からのながめ。ここはオートキャンプはできないのでリヤカー(!)で荷物を運び込みます。
フリーサイトだし、チェックイン時間もあってないようなものなので良いサイトをゲットするのは「早い者勝ち」の印象大!!駐車場もすぐにいっぱいになってしまうのよー。

c0193749_1928241.jpg

そんなこんなで、なんとかレイクビューなサイトを一番奥のすみっこに見つけて設営。
久しぶりに登山用の小さいテントを持ってきたのだけど、これが大正解でした。
お盆も過ぎたというのに意外と混んでた・・。

c0193749_19311735.jpg

木漏れ日の中、とっても涼しくて犬たちはごきげんでした。
タープはなくても良いくらいだったけど、樹から虫が落ちてくるのであったほうがベター。

c0193749_19353086.jpg

サイトの目の前が遠浅の砂浜になっていてカヤックが賑やか!
中禅寺湖って人気パドリングポイントだったのね。意外だ~。

湖の東側(華厳の滝側)ではモーターボートが走り回っていましたが、この辺りは時々遊覧船が通るだけで静かなのもいいです。

小さな魚が泳いでいるのを子供達が夢中になって捕っていました。楽しそう~。
ここで遊んでもいいし、千手ヶ浜まで行ってもいいし、ひとつ向こうの入江でも遊べるみたい。

奥日光&中禅寺湖、また来たいな。
[PR]
by kinkankankitu | 2010-08-24 19:46 | キャンプレポート | Comments(4)