冬の森に生き物を探そう。でも犬は.......。

今日はサイエンス・キッズの活動日でした。

「冬の森に生き物を探そう」というタイトルで牛久自然観察の森へ行ってきました。

もちろん、犬達も連れていくつもりで、念のためと、前日にHPを調べてみる

となんと!「ペットは入れません」とのこと。里山の自然環境保全に努めて

いるので、小動物を脅かすペットは入れないそうです。うーん、仕方ない、

今日は犬たちはお留守番、ごめんね。
c0193749_18102671.jpg入り口にはこんな看板。ここまで連れてきて、これを見たらショック大でした。やはり、事前に調べておくのは大切ですね。
c0193749_18132562.jpg昨日は大変な雨と風でしたが、今日は一転して良い天気です。こんな冬枯れの森にも生き物はいるのですよ。
c0193749_18144512.jpgホソミオツメントンボです(白線囲み)。とってもわかりにくです。枯れ枝に擬態して越冬するんですって。落葉樹の枝をよく見ると見つけられます。
c0193749_18181773.jpgこちらはおなじみカブトムシの幼虫です。ダメージを与えないように手袋をして掘り出して、観察した後はそっと埋め戻します。また、夏に会おうね。

c0193749_18195843.jpgこれはカメムシの仲間だそうです。カメムシといったらあの丸っこいのを想像しますが、いろいろな種類がいるんですって。観察の森の園長さんは何でもご存知ですごいです。スケッチ画もすばらしいです。


他にも植物の越冬態の観察など、今回も楽しい体験をさせていただきました。

次回は筑波大の教室で実験です。

3月には、ひたちなかの海で「潮だまりの生物観察」、楽しみです。

(サイエンス・キッズは来年度の募集を開始するそうです。)

↓今日はこども記事でしたが、ご勘弁を!
にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
[PR]
by kinkankankitu | 2009-02-01 18:41 | キャンプ以外のおでかけ
<< アドリア快適化? インフルエンザとワクチンのこと >>